アロマーのフランチャイズ(FC)店が
成功する理由
~癒しビジネスで独立開業~
副業での開業も可能
今、メンズエステの新しいスタイルが生まれる
今、メンズエステの新しいスタイルが生まれる

はじめに

60分4,000円という国内最安値で本格アロマトリートメントを提供するという革命をリラクゼーション業界に起こし、急成長中!本格アロマトリートメントを受けてみたくとも料金・清潔感などの理由で躊躇していた人々にアピールできることでリラクゼーション過密地域出店でも高収益を達成!業界トップの開業費用の低さであなたをサポート!

アロマーはエステサロンにカテゴライズされています。更に、エステサロンはリラクゼーションビジネスに分類されます。※アロマーの業務の本質はリラクゼーションビジネスの要素以外も加わります。詳しくは後述します。

1.リラクゼーションビジネスとは?

リラクゼーションビジネスとは「手技を用いて心身の緊張を弛緩させるための施術を行う事業」と定義され、はり、きゅう師、マッサージ師などの国家資格を持つものが行う治療院とは区別されています。

2.リラクゼーションビジネスの種類と市場規模

①ボディケア

いわゆる「あはき法」(あん摩、マッサージ、はり師、きゅう師等に関する法律)に基づく国家資格を必要とする医療類似行為の手技を用いて施術を行うもので、一般的にはクイックマッサージや生体として認知されています。2016年の市場規模は1,000億円程度となっています。

②エステティック

美容を目的として行われていた全身美容のことで、サービスを提供するエステティックサロンはこれらの美容に加えて、癒しの機能も提供しています。2017年の市場規模は3,500億円程度です。

③アロマテラピー

植物から抽出された精油の香りや成分を活かして、ストレスや疲労など心身のトラブルを改善し、健康増進やリラックスに役立てようとする自然療法です。精油を配合した柔軟剤等の日用品の需要も拡大してきており、こられ広義の製品・サービスを含めた2015年の市場規模は3,000億円程度となっています。

④リフレクソロジー(足裏マッサージ)

リフレクソロジーは、足裏にある臓器や器官に通じる特定のゾーン(反射区)を刺激することにより、血行を促進し、身体の新陳代謝を活発にさせることで、健康増進や体の不調を解消する施術療法です。西洋式と中国式、台湾式、タイ式などの東洋式があります。2012年の市場規模は512億円です。

上記の分類に従えば、アロマーの業務は①+②+③+④+”癒し”となります。

3.今後の動向

ストレス社会の進展や「モノ」から「コト」への消費の高まり等を背景にリラクゼーションビジネスの市場は順調に拡大していくものと思われます。


6つの法則にみる、アロマーのビジネスモデルの優位性

1.皆さんにもお馴染みのホリエモンこと堀江貴文氏の提唱する成功するビジネス4原則を参考にアロマービジネスの優位性を説明します

①小資本ではじめる
②在庫がない(もしくは少ない)
③利益率が高い
④毎月の定期収入が確保できる

①小資本ではじめる

絶対がないのがビジネスです。万が一失敗した時多額の資本でスタートすると失敗した時に人生も終了してしまいます。

一般に、起業することは大きなリスクを伴います。創業後3年以内に70%が廃業するとも言われています。一度の失敗で立ち直れないようではいけません。万一の時にも再起できるだけのダメージに留めておくことがとても重要です。

アロマーの店舗を開業する際に最初に必要な資金は、加盟金、店舗契約費、備品費などのトータルで、100~300万円程度です。(店舗は賃貸マンションを使用する為、内装費などはほとんど掛かりません。)

そのひとつ目の店舗を軌道にのせることができましたら、2つ目、3つ目と複数の店舗経営を目指すことができます。

フランチャイズビジネスでこれだけしか費用が掛からないビジネスは他にありません。物事には万が一という物がありますが、その万が一を考えても本当に最小限の失敗で抑えることが可能であり、その経験を活かしてまたすぐに再チャレンジをすることが出来ます。

②在庫がない(もしくは少ない)

在庫リスクを減らすことはビジネスの鉄則です。(固定費である人件費も在庫です)売れるか分からない在庫を初期投資で大量に抱えるわけですから一度失敗すると再起不能になります。

在庫を持つということは、資金に余裕のある場合でもリスクになります。売上が発生していないにも関わらず、出金を伴う行為だからです。

アロマーの商品はセラピストが行う施術です。ですから、在庫が発生しません。更に、セラピストへの報酬は業務委託契約に基づく100%完全歩合となります。つまり、売上が0円であれば、セラピストへの報酬も0円となります。

このことがランニングコストを低く抑え、経営を安定させるのです。

女性がオーナーとセラピストを兼業なされば、更に成功確率が上がります。

③利益率が高い

アロマーの利益率は約30%です。利益率の目安は0~9%の場合は要改善、10%の場合は標準、11~20%の場合は超優良、という評価になります。これから分かる通り、アロマーの利益率は本当に高いものです。※経産省の報告によると飲食店における営業利益率は平均で8.6%です。

④毎月の定期収入が確保できる

アロマーが提供する国内最安値でありながら(最高の施術+ホスピタリティー)はアロマー店舗でしか受ける事のできないサービスです。ほとんどのお客様はリピーターになります。一般的なエステサロンでは月に1度しか通えませんが、アロマーであれば週に1、2回通うことができます。つまり、リピートする常連客となり毎月の収入を安定化できます。

上記のホリエモンの4原則に加え、アロマービジネスはさらに2つの成功確立を高める原則を備えています。

⑤ランチェスター戦略に基づいたビジネス

ランチェスター戦略は小資本のビジネスが取るべき戦略です。先人が成功している分野の中で、少しずらしてそこを一点突破し、勝利する戦略です。アロマーはリラクゼーションビジネスという大きな市場で戦います。その中の「ニッチ」、「今までにあるようでなかった」分野に勝機を見出したのです。

リラクゼーションビジネスは大きな市場です。その中で「ニッチ」な分野とは何でしょうか。それはメンズエステの分野です。アロマーが提供する「癒し」に重点を置いたメンズエステはまさにニッチ中のニッチな業種になります。

次に「今まで有る様で無かった」分野とは何でしょうか。それはリラクゼーションサービスを受けることが大好きな女性に料金を気にせずに完全個室の素晴らしい環境で本格的アロマエステを提供する分野です。

料金と施術内容は通常比例関係です。しかしアロマー本部は長年のリラクゼーション業界での経験に基づいたビジネスモデルと、通常マニュアル、研修制度により、リラクゼーション業界で初めて低料金とハイレベルな施術を両立させました。

以上2つの分野はまさにブルーオーシャンです。

⑥一人で始めることができる(副業で始めることができる)

「副業でアロマーのフランチャイズを始めたいのだけど、他に仕事をしているので、自分で常時予約の電話を受けることが難しい。この様なケースでも開業は可能ですか?」というご意見を伺うことが多くあります。ご安心ください。アロマーのシステム(コールセンター※+Web予約+マニュアル)があれば副業での開業は可能です。

リラクゼーション業界での豊富な経験と業績のあるアロマー本部のシステムを使えば、オーナー様は店舗に常勤することなく収益を上げることが出来ます。

※コールセンターとは、アロマー本部がオーナーに代わり、受付電話の対応をするものです。

なぜアロマーのFCが選ばれるのか?

①開業にあたっての初期費用の安さ!!

世の中には数多くのビジネスがあります。FCを募集している業種も多く存在します。それらのビジネスとアロマーFCの初期費用を比較して下さい。

アロマーFCでは加盟金・ロイヤリティの支払い額の異なる3種類の加盟方法があります。

アロマーFCの初期費用(一般的な2部屋店舗例)

■Aプラン(オーナーがセラピストを兼任しない場合)

加盟金 80万円
店舗契約金 50万円(参考)
設備・備品代 70万円(参考)
広告・求人 10万円
210万円(出店場所・備品内容により数十万円下げることも可能)

■Bプラン(オーナーは業務のほとんどを本部に委託し投資として店舗を運営する場合)

加盟金 80万円
店舗契約金 50万円(参考)
設備・備品代 70万円(参考)
広告・求人 10万円
210万円(出店場所・備品内容により数十万円下げることも可能)

■Cプラン(オーナーがセラピストを兼任する場合)

加盟金 0円(経営指導料10万円)
店舗契約金 50万円(参考)
設備・備品代 70万円(参考)
広告・求人 10万円
130万円(出店場所・備品内容により数十万円下げることも可能)

※金額は税抜きです。

②ランニングコストがかからないので赤字になりにくい!!

アロマーFCでの1ヵ月のランニングコストは以下のものです。

■Aプランの場合

ロイヤリティ 10万円
家賃 15万円(参考)
公共料金 5万円(参考)
備品代 5万円(参考)
広告・求人 5万円(参考)
40万円(より低く抑えている店舗もあります)

■Bプランの場合

ロイヤリティ 14万円
家賃 15万円(参考)
公共料金 5万円(参考)
備品代 5万円(参考)
広告・求人 5万円(参考)
44万円(より低く抑えている店舗もあります)

■Cプランの場合

ロイヤリティ 13万円
家賃 15万円(参考)
公共料金 5万円(参考)
備品代 5万円(参考)
広告・求人 5万円(参考)
43万円(より低く抑えている店舗もあります)

※金額は税抜きです。

前述しましたが、セラピストとの契約は完全歩合の業務委託契約となります。ですから、売上が0円ならば、支払いも0円となります

つまり、1ヶ月に40万の粗利があれば赤字ではなくなります。40万円ということは40万円÷30日=1.4万円の粗利が1日にあれば赤字ではありません。アロマーではお客様1人あたりの平均粗利が4000円ですので、1日当たり4名の来客で必要経費を賄うことが出来ます。

いかに赤字になりにくいビジネスモデルであるか、ご理解いただけると思います。

参考:アロマー1店舗の粗利益見込みは70~110万円です。(Cプランの場合はオーナーの売上も加算されるので、この金額の1.5~2倍も可能)

③誰もが実践可能な経営マニュアル&セラピスト研修マニュアルによる、積み重ねてきた経験とデータに基づくノウハウの提供!!

長年の経験と各FC店からの情報に裏付けされた店舗運営のノウハウをすべてご提供致します。本部の指導に従って頂ければ成功の確率はとても高くなります。

④店舗用物件を探すお手伝いができます!!

昨今、無許可でマンション等でエステ店を開業される方や契約を守らない利用などでマンションオーナーや管理会社とのトラブルを起こす方がとても増えています。その為、エステサロンとしてマンションなどを借りることがとても難しくなっています。

しかし、アロマー本部では、系列の不動産会社を通じて、エステ開業可能なマンションなどをお探しします。

エステ開業の許可をマンションなどのオーナーや管理会社から取得するには様々なテクニックが必要です。フランチャイジーの皆様は物件探しの労力を他の作業に使うことが出来、非常に効率的です。

⑤万が一店舗を閉店する場合でも、営業権を他オーナーに譲渡することができる!!

どの様なビジネスにも絶対はありません。経営の不調やオーナー様自身の体調不良など、様々な理由からお店を手放すこともあるかもしれません。

その場合、引越し費用、不要品の処分費用などが必要になります。しかし、アロマーFCであればすべてのオーナー様に譲渡希望のご案内をし、条件が合えばお話をつなぐことが出来ます。この場合、双方のオーナー様にメリットが有り、譲渡なさるオーナー様のご負担を著しく軽くすることができる制度です。

⑥開業に向けた研修&開業までの期間

未経験の方でも必ず成功できるよう本部が全力でサポートいたします。

「研修内容」

・セラピスト研修
・オーナー研修
・サロン経営について
・税務関連

「開業までの期間」

ご契約後、出店場所を決定しましたら、すぐにホームページ作成・セラピストの求人を開始します。その後、物件を決定し、契約から1か月半~2か月後くらいで開業可能です。

お問い合わせ

お名前*
お電話番号*
メールアドレス*
お問い合わせ内容*
アロマーをどこでお知りになりましたか?
今の状況をお聞かせ下さい。
電話でお問い合わせ